So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
バイク ブログトップ
前の3件 | -

XLX250Rのオイル漏れ原因とバッテリーのこと、等 [バイク]

XLX250Rを駐車場に停めるたびにオイル垂れの痕跡を残すのもマナーとしてはいまいちなのでどこから漏れているのか調べた。
結論を書くと、Rクランクカバーをとめている六角ボルトが緩んでいたのが原因だった。
不思議なことに上の方は緩んでないのに下の方の全てが緩んでいた。
フロントブレーキレバーの裏側のボルトも緩んでいた。
これらのボルトを締めてから数万kmは漏れてなかったので次第に緩んできたのか。
下側に集中しているのは、エンジンの振動が上と下とで違うのかな。

001-bike.jpg

ボルトの増し締めをしてからはオイル垂れの痕跡を残すことはない状態になった。
ただし、これでオイル漏れが完璧に解消されたわけではない。
オイルフィルターのカバーとキックレバーの根本から滲んでいる。

もう一つ、バッテーリーのこと。
台湾のユアサバッテリーなのだが、さすがに日本メーカーのためか、長持ちしている。
これまで、安いバッテリー開放型や密閉型を買ってみたが、それらは2年くらいでだめになった。

002-battery.jpg

このバッテリーにしたのは、21014年10月だったから、3年半以上もっていることになる。
https://kaaru-ni-kaaran-zeyo.blog.so-net.ne.jp/archive/20141005
XLX250Rのレギュレートレクチファイア交換、とバッテリー交換

自分の場合、エンジンをアイドリングにした状態でウィンカーが問題なく点滅するかどうかで交換時期を判断している。
信号待ちでアクセルを開けないとウィンカーが点滅しなくなったら交換時期ということだ。

開放型なのでメンテナンスフリーではない。
だいたいは、半年くらいで液量を確認して減っていれば純粋を補給、それから、バイクを倒した後も念のために確認している。


今日は、昼前に武田尾までちょっとだけ様子見。
005-takedao.jpg
006-takedao.jpg
008-takarazuka-kita.jpg
お稲荷さんの前でバイクを停止させたらエンジンストップしたので、参ってけ、と言われた気がしてお参りした。
その後、下道から 新しくできたピッカピカの宝塚北SAに立ち寄って休憩して帰ってきた。


久しぶりのブログ更新だけど、時間を見つけて走ってます。
暑いのが苦手なので早朝が多いけどね。

X-Strom650XTにも慣れてきた。
重い感じはなく走りやすいバイクだ。
トップギアの4000rpm以下で法定速度に余裕があり、のんびりとしたツーリングにおける燃費の最高値は30.5km/Lだった。
メーターに表示される参考燃費(平均値)と実走行距離と補給燃料から計算した燃費もだいたいは一致する。

そうはいっても、下道をツーリングしながら小回りのきく細い道にふらりと入ったりする場合はXLX250Rの方が軽快でいいな。

どちらがいいというよりも、一長一短があるのがよくわかった。

011-bike.jpg

012-bike.jpg

013-camp.jpg
014-camp.jpg
015-camp.jpg
016-camp.jpg
017-camp.jpg

021-bike.jpg

031-bike.jpg
032-bike.jpg


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

XLX250Rに格安ミラー取り付けとハイオクについて [バイク]

先日の林道ツーリングで右ミラーを割ってしまったので、新しいミラーを手配した。
最初は、同じタイプを買おうかと思ったのだが、あまりのお手軽価格のため、ポチってしまった。

こちらは古いミラー
001-mirror.jpg
002-mirror.jpg

昔のメーカ名は、NAPOLEON、なのかな?
003-mirror.jpg
今は、タナックスだったような・・・

こちらが新しいミラー
004-mirror.jpg
005-mirror.jpg
セットで800円ちょっとだったのです。
輸入品です。

並べるとこんな感じ
006-mirror.jpg
新しい方はミラーが大きめ

安いだけあって、先っちょのネジ山が一部、削れている、かつ、斜めになってる(2本とも)
007-mirror.jpg

XLX250Rのネジ穴はトマリになっているのでしっかり固定できないと考え、サンダーでネジがない部分まで削り取った
008-mirror.jpg

本当は、左右両方を新しいミラーにしたかったのだが、諸般の事情(自分のXLX250Rだけの問題、ステーをかましているので、その厚さの分だけネジを回し切ると丁度よい角度にならない、かといって浅めにするとぐらついてしまう。)があり、右だけを新しいミラー、左は従来のミラーのまま、とした。

ミラーの大きさが違うでしょ
009-mirror.jpg

新しいミラーは、ネジ山がむき出しになるので雨等による錆防止のためにブチルテープを巻いておいた。
010-mirror.jpg
011-mirror.jpg
(上と下の2箇所)
ブチル、真夏になると溶けるかも?

従来のミラー
・縦横の可動域はハンドル根元側にある。
・ミラー側は長さ調整と1軸回転の調整のみ。

新しいミラー
・縦横の可動域はミラー側だけど可動域は小さい。
・根元側は、回転せず、首振りのみ。
 この首振り部は樹脂でできているようなので、(内部に金属が入ってなければ)折れた場合に脱落するリスクがある。

この、樹脂部の構造だが、バイクの振動でブレる。
アイドリング時もブレる。
走行時もブレる。
そのためなのかな? ミラーが大きめになっているのは?
慣れといえば、慣れなのだが、左の従来ミラーと比較するとやはり、見づらい。


XLX250Rの場合、ハイオクでもいけるという話を聞いたので、ハイオク化と新しいミラーのテストを兼ねて、ツーリングに行ってみた。

いつものところ
014-bike.jpg

篠山に出た後、そのまま国道173を北上し、綾部も更に北上し、、、

大江山の鬼嶽稲荷神社(酒呑童子の里)
015-bike.jpg

この立て看板がおもしろい
016-bike.jpg

鬼嶽稲荷神社
017-bike.jpg

眺めが良い
018-bike.jpg

019-bike.jpg

いつもの2人(^^)
020-bike.jpg
親近感が湧くのでいつもここで記念撮影するのです。

新緑の中を走る
021-bike.jpg


更に、北上して、、、

久美浜湾とその向こうの日本海を一望できる兜山展望台
026-bike.jpg

027-bike.jpg

028-bike.jpg
029-bike.jpg

一番北まで来たので、南下していきます。

夜久野の道の駅で黒豆蕎麦
031-bike.jpg
032-bike.jpg
十割蕎麦を押してる雰囲気だったけど、黒豆につられてね。

と、天空の城カップ
033-bike.jpg
・・・もちろん、家についてから飲んだけど、普通でした。

青垣、おばあちゃんの里と、道の駅を経由しながら帰ってきました。
036-bike.jpg



~ハイオクを入れて感じたこと~
・調子が悪い、といった不具合は感じない。
・低回転気味でトルクの上昇を感じる(僅かかも)
 具体的には、いつもの峠の上り道にて、4000rpmでノッキングぎみになってたのが、粘り強く上がるようになった、と思う。
 パワー(馬力、仕事率)は、回転数が高い時に効力を発揮すると思うので、今度、高回転で巡航してみたいが、はたして?


~ハイオク給油記録からのレギュラーとの混合比の計算~
・最初のハイオク入れ 6.0L, 193km 32km/L (レギュラーの燃費だが走り方で大きく変わる)
  タンクは9Lなので、約3分の2がハイオクの混合となった。
・2回目のハイオク入れ 6.7L, 245km, 37km/L (ほとんどハイオクの燃費だが走り方で大きく変わる)
 1回目の混合比=0.66
 2回目は、6.7/9=0.74、なので(一応、計算式も書いたけど合ってるかな?)、
 レギュラーは、(9.0-6.0)*((9.0-6.7)/9.0)=3.0*2.3/9.0=0.77[L]
  レギュラーが残っているタンク満タン時に対する割合は、
  0.77/9.0=8[%]
  次の3回目補給までは、8%のレギュラー混合比のハイオクということになる。

燃費については、走り方で大きく変わるので、これも含めて このまま、ハイオクで様子を見てみよう。
燃費が向上するという雰囲気で話を聞いたし。

nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

XLCOC OFF会(2018年4月28日)~V-Strom60XT(2017)で参加~ [バイク]

今年最初のXLOC OFF会があるので3日連続の1日目に参加してきた。
毎日場所が変り、次第に関東圏に近づくので、1日目のみの参加である。
1日目は、長野県千曲市のキャンプ場である。

今回は、4時には出たいと思っていたのだが、少し寝坊して、4時半出発だった。

近くのコンビニで軽い暖気運転
001-bike.jpg

積載状態はこんな感じ(高速のPAにて)
002-bike.jpg
そう、XLOCなのに、SUZUKIである。
メンバーはおおらかな人達なので大丈夫なのである(たぶん)。
V-Strom650にXLX250Rに積んでいたのと同じように積んでみた。
(工夫は必要だった。)
XLX250Rのオイル減りもあり、片道400kmちょいの距離では250CCでは体力的にもしんどくなってきたし、V-Strom650の高速走行も試したかったのである。
一言で言えば、楽だった。
動く前は重いのだが、動き出してしまえば荷物を積んでいてもサクサク走る。

とはいえ、高速は退屈だし、お金を取られるのもしゃくなので、できるだけ使いたくない。
中津川で降りて、塩尻まで下道100kmを走った。
昨年、塩尻から更に下道を走ったら渋滞にはまって嫌になったので、塩尻から高速に戻って麻績まで移動した。

麻績で降りて、びんぐし湯さん館まで移動してお風呂に入った。

お昼はそこで唐揚定食
003-lunch.jpg

その時点で集合時間になったので急いで集合場所へ移動~~~~~~~~

古いバイクたちが並んでます
005-bike.jpg

キャンプ場に到着
006-bike.jpg

007-bike.jpg

008-bike.jpg

009-bike.jpg

010-bike.jpg

011-bike.jpg

012-bike.jpg

今日のお宿
015-camp.jpg

XL改さん持参のお酒
016-sake.jpg
飲みやすい甘口でした。

料理が並びだして宴会開始
017-camp.jpg

018-camp.jpg

019-camp.jpg

たき火を起こすみっくさん
021-camp.jpg

パエリアbyガンジーさん
022-camp.jpg
023-camp.jpg

おっさんたちの夜はふけて、、、、、、、夜は冷えた。
024-camp.jpg

025-camp.jpg

026-bike.jpg

027-bike.jpg



おはようございます。

たき火で暖まる
031-bike.jpg

大人の味の朝ご飯のうどんを食べて、解散となった。
032-camp.jpg

またね~

今回の参加者(順不同、敬称略)
・XL改, XL250S (幹事ご苦労さまです)
・しん, XRバハ (超ローダウン仕様とのこと、XLOCきってのユーチューバー)
・キック1000回, XLX250R (同じバイク,10万km越え)
・マナジロー, アフリカツイン (750CC, 60L! 1000kmは走ることが出来るじゃないですか)
・みっく, XL250S (XL復活!)
・いんじゃん, XL250Rパリダカ (今回、初参加, 京都!)
・ガンジー, DR650 (海外仕様、国内に100台くらいが入ったとのこと)
・かある, V-Strom650XT (今回、SUZUKIは一人じゃないよ~)

・デコスペ, XL125R (マシントラブルのため挨拶後に帰還)
・コロ, SRX400 (だったはず, 挨拶だけのために来てくれた)

(ソロキャンプ編へ続く)

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | - バイク ブログトップ