So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

V-Strom650XT(2017年型)にGIVIのパニアケース取付 [バイク]

V-Strom650XT(2017年型)にGIVIのパニアケースを取り付けた。
いっぺん、使ってみたかったのだ。
純正ケースとGIVIのこのケースは取付部品を含めると値引き後の価格ではあまり差がない。
また、純正ケースは、右が23L、左が29Lだったはずなので、スリムさよりもGIVIの搭載量を取ったということになる。

右からはこんな感じ
001-bike.jpg

左から
002-bike.jpg

キーを使ってホルダーを解除すると簡単に取り外せる
003-bike.jpg

箱の方は、以下
TREKKER OUTBACK (トレッカーアウトバック)
OBK37BPACK2 左右セット
容量:37リットル(1ケース)
カラー:ブラック
最大積載量:10kg(1ケース)
上蓋脱着可能

取付部品は以下
CAMパニアホルダー
PL3112CAM


今後同じようなことをする人の参考になるかな?
簡単に解説しておきます。

組立説明書(1/4)
011-manual.jpg

組立説明書(2/4)
012-manual.jpg

組立説明書(3/4)
013-manual.jpg
今回は、SR3112を購入していないので下側の組立図となる。

組立説明書(4/4)
014-manual.jpg

部品の数量チェック
015-parts.jpg

左側
016-parts.jpg

バリとか傷がありますが、まあ、輸入品だしね
017-parts.jpg
細かく見るとあちこちにあるが、これが一番大きかった。
めっきが剥がれているが取付面だから大勢に影響はないでしょう。

右側
018-parts.jpg

Rear Bridge
019-parts.jpg

取付前
021-assembly.jpg
この写真を見て違和感を覚える人はこの手の組立をしたことがある経験者ですな。
ねじやワッシャーが下に落ちないのは、理由がある。
4箇所をバイク本体に固定していくのだが、この仮付けをしないと、部品類がばらばらと落ちてしまってえらく手間取る。
ワッシャーを落として、バイクの下あたりを探し回る羽目に陥る時間ロスは辛いのです。
素人の技だが、どうやっているかというと、両面テープ(100均ので十分)で各部品を貼り付けて一気に取り付けた。

取付後
022-assembly.jpg

ちなみに、トップケースを使うつもりはない。
理由は、リアキャリアの最大荷重が10kgしかないから。
ホムセンボックスを乗せてシートにも荷重を分散させるつもり。

仮置きしてみると、横幅がパニアケースに干渉しない
025-assembly.jpg
ラッキー。
実はパニアケースの上蓋がリアキャリアよりも高い位置にあるので気にしてたのです。

早朝から作業を開始したのだが、組立図とにらめっこしてたこともあり、3時間かかった。
暑くなくても湿度が高く、風がないものだから汗だく。
エアコンの効いたMy工場が欲しいなあ。

走行に関しては、ハンドルよりも幅があるので周囲にぶつけてしまわないように注意ですな。
普段は、外しておきます。

そんなこんなで、今年は猛暑なので、昼間はダウン。
早朝ツーリングのみです。

朝焼けがすがすがしい
031-bike.jpg
032-bike.jpg

とか、小雨で涼しい
033-bike.jpg
034-bike.jpg

とか、丹波竜の里
035-bike.jpg
036-bike.jpg
037-bike.jpg
038-bike.jpg
039-bike.jpg

040-bike.jpg

に行っとりました。

丹波竜のあたりは細い道がありそうだからXLX250Rでもうちょっと探検したいが秋になってからかな。


nice!(7)  コメント(6) 

2018年(第14回)平湯キャンプ会(2日目と3日目の熱風走行帰還) [キャンプとバイク]

朝、早く目が覚めたので、北九州からジェベルで来られたTさんをお見送りする
041-bike.jpg
900kmなんだよなあ。
しかも、年上のお方。
タフ...

まだ起きてきてない人もいるけど、せっかくの晴天なので、バイクで出かけてみる。

ひらゆの森近くにて、あまりに良い天気
042-bike.jpg

初めての安房峠にて
043-bike.jpg

グルっと右回りに走り、初めて(たぶん)の野麦峠にて
045-nomugi-touge.jpg
046-nomugi-touge.jpg
047-nomugi-touge.jpg
048-nomugi-touge.jpg
049-nomugi-touge-otasuke-goya.jpg
050-nomugi-touge-otasuke-goya.jpg

5時半に出て10時に帰ってきた。

その後、残ったメンバーと時間を潰し、さて、宴会2日目の開始だ。

これは嫁さんが持たせた辛めのウインナー
051-enkai.jpg
052-enkai.jpg

お酒の類は、多い
055-sake.jpg

川鮎の炭焼き
057-sake.jpg

青森のSさんのトランポ+CT110スペシャル
061-vehicle.jpg
20時に出発して青森へ帰っていきました。
タフ.....

明宝ハム
065-enkai.jpg

なんかわからん自作の料理
066-enkai.jpg
なぜか、評判は良かったが、二度と作れない気がする。

余ったネギととうもろこしと誰かからの燻製ウインナーを焼く
067-enkai.jpg

こちらは鶏肉を焼く
068-enkai.jpg
071-enkai.jpg

カマンベールとクラッカーがミニチーズフォンデュのようで美味しい
069-enkai.jpg
070-enkai.jpg

スイカも出る
076-enkai.jpg

木製の焚き火
081-enkai.jpg
082-enkai.jpg
083-enkai.jpg

今日は私も元気で最後までお付き合いできる
084-enkai.jpg

のどぐろ
085-enkai.jpg

マッシさんも参加し、更にボリュームのある料理が出てくる
086-enkai.jpg
087-enkai.jpg
088-enkai.jpg
089-enkai.jpg

毎回、思うのだが、このキャンプ会は食材が多すぎるので自分で持っていく分は自粛すべきだ。
が、ついつい買っちゃう。


最後に、参加したバイクたち
131-bike.jpg
132-bike.jpg
133-bike.jpg
134-bike.jpg
135-bike.jpg
136-bike.jpg
137-bike.jpg
138-bike.jpg
139-bike.jpg
140-bike.jpg
141-bike.jpg
142-bike.jpg
143-bike.jpg
144-bike.jpg
151-bike.jpg
152-bike.jpg

146-vehicle.jpg
147-vehicle.jpg
148-vehicle.jpg

なお、北九州から来たハーレーだけ写真を取り忘れた。
すんません。

CT110の2台は、それぞれのトランポに積まれてやってきた。


マッシさんからもらったバッジ
161-badge.jpg
TSUNAGARU ∞ FUKUSHIMA
OUTDOOR
MONSTER

そう、私はモンスター ^^;


(翌日)
帰りは、道の駅 パスカル清見まで、CRF250R、レブル500と一緒に走る。
そこで、レブル500とお別れし、CRF250Rと吹田ICまでご一緒した。
郡上八幡から高速に乗ったら、もう、暑くて。
一宮ICからは40℃(バイクの温度計)
路面からの熱風が辛い。
キャップやバンダナを濡らしながら走ったけど、こんなに暑いのは初めてだ。

パスカル清見で早めの昼ごはん
165-lunch.jpg
大盛うどんだが、暑いときに熱いのは以外といい。

多賀SAにて
166-taga.jpg
人では多いが、みんな、エアコンの効いた屋内に入る。

ほら、バイクも多いでしょ
167-taga.jpg
168-taga.jpg
みんな、タフだなあ。

と、いうことで、今年も無事に平湯キャンプ会に参加してきた。
いや、平湯は涼しかったよ。
下界は、灼熱地獄だよ。

(おしまい)


nice!(8)  コメント(6) 

2018年(第14回)平湯キャンプ会(1日目) [キャンプとバイク]

今年も行ってきた。
平湯のキャンプ会へ\(^o^)/

しかも、全日、晴天!!!
なんちゅうこっちゃ。
日頃の行いが良すぎるらしい。

朝の5時半に出発した。

まだ涼しい菩提寺SAで朝ごはんである
001-bike.jpg

家から持ってきた半分自作のサンドイッチ
002-bike.jpg
なぜ半分かというと、卵とマヨネーズを混ぜたのは嫁さんが作ったから。
あれ、マヨ卵っていうの?

せせらぎ街道にて
003-bike.jpg
ライダーの聖地とのこと。

高山市を抜けて、年に一度の行きつけの喫茶店風レストラン風のお店で昼ごはん
005-lunch.jpg
これで860円(税込)はうれしいし、野菜が多めで美味しい。

買い出しをしてお風呂に入る
007-bike.jpg
小さい箱の中に買い出し品が入っている。

と、いうことでまだ明るいけど宴会です。

エイリアン
011-enkai.jpg

エイリアンの全身
012-enkai.jpg

エイリアンを叩いて小分けにする
013-enkai.jpg
有明海にいるうなぎの一種とのこと。
見かけの割に普通の干物味でした。

他の料理の横でも叩いて分割
014-enkai.jpg

今回は、ほんまもんの料理人の参加あり。

オシャレです
016-enkai.jpg

こんなこと、今までの平湯にはなかったなあ
017-enkai.jpg

カンパーイ\(^o^)/

これは私の焼き鳥風の焼き鳥
018-enkai.jpg

そして、エイリアン再登場
019-enkai.jpg

なんか、エビも一緒に焼いてとリクエスト
020-enkai.jpg

そして、これが、イタリアン、
その名も、アラフィオティーナ・トリッパー!
021-enkai.jpg
酔ってメモったので、トリッパーの前の名前は合ってないかも。
イタリアのモツ料理とのこと。

ちょっと普通と違うフランスパンと一緒に食べる
022-enkai.jpg

オシャレだ。

だんだん、他の料理もできてくる
023-enkai.jpg

024-enkai.jpg

025-enkai.jpg

026-enkai.jpg

027-enkai.jpg

028-enkai.jpg

029-enkai.jpg

031-sake.jpg

でもね、暗くなった頃から腹痛に襲われてしまった。
冷たいビールやら冷酒をがぶ飲みしたからか?
子供のお腹だなあ。

と、いうことで、この晩は、人知れず、先に寝てしまった。

飛騨牛の焼き肉もふんだんにあったらしいが全く食べられず。

(翌朝に続く)

nice!(6)  コメント(8) 
前の3件 | -