So-net無料ブログ作成

XLX250Rのスロットルワイヤーとキックペダルの交換 [バイク]

天気も今ひとつなので、久しぶりにタンクを外して普段見ない部分の掃除をした。

なぜか、エンジンの窪みのあちらこちらに小石が乗っている
001-bike.jpg

小石を取り除いたりして、目視点検をしていくと、
・・・見つけてしまった。
スロットルワイヤー(引)が切れかけてる
002-bike.jpg

実際には、スロットルグリップを回してワイヤの状況を確認中だったのでが、撚ったワイヤの1本だけを除いて、切れた。
半年に1回位はこういう点検はしないといけないなあ。
これまでにもスロットルワイヤーは何回か交換したが、幸運にも、全て点検中にワイヤのほつれを発見できた。
走行中に切れると危ないし、自力で帰還できないことになるので、点検は大事。

引く方のスロットルワイヤーは下の方(赤矢印)
003-bike.jpg
撚ったワイヤが切れているから、上の戻すワイヤよりも細いのが分かるでしょ。

幸運にも、以前、タコメータケーブルが切れた時に同時購入していたスロットルワイヤーがあるので、交換した
004-wire.jpg
下が切れた方。
新品を買っといて良かった。
国産の互換品ですが、お高いのは仕方がない。

拡大すると、こういう感じ
005-wire.jpg
切れ残ったワイヤーはニッパーで切断してから取り出した。

一応、新旧比較
006-wire.jpg
ほぼ、同じ長さだし、末端の形も同じなので使えそうです。

ワイヤーの交換を開始したのだが、これがなかなか大変だった
007-wire.jpg

なぜか?
デュアルキャプだから(緑色丸の奥).......
隙間がなくて、手が入らないのです。
ラジオペンチやピンセットを使ってもダメ。
そういうことで、タイコがキャブにはまらない~~~~~~~~~
前回、どうやって交換したのか思い出せないし、スッタモンダした挙句、ワイヤーを下まで引っ張り出して(青色丸)、くるっとUターンさせてタイコの向きを合わせて、取り付けた。
それでも、何度かトライしたけど。

たまにしかここまでバラさないので、ハンドル側から地道にオイルを充填した
008-bike.jpg
ブレーキワイヤー用のオイル充填器ではオイルが漏れるので、地道に、コツコツと。

こういうのは、自分でやるから念入りにできるんだよね。

なお、切れたワイヤーですが、タイコを作ればワイヤーを再生できるので大事にとっておきます。

そんなこんなの作業をしていると、注文していた中古キックペダル(正式(パーツリスト)には、キックスターターアームASSY)が到着した。

キックペダル2本
011-bike.jpg
左が現在使っているペダルで、右が注文したペダル

ところで、キックペダルとは、エンジンをかけるための棒です。
今の時代は、右手の親指1本でエンジンがかかりますが、昔のは、こういう棒を足で踏んでエンジンをかけるのです(一応、若い人向きの説明)。
最新の250CC以上のバイクでキックスタートなのは、SR400くらいですもんね。
そのSRも生産中止のようだし、新車キックスターターは絶滅?

バイクリターンした2010年頃、オフロードバイクがセルに代わっていたのには、驚愕したっけ。
山の中でバッテリーがあがったら、押しがけ、しかないじゃん。
更に、キャブじゃなくて、FIじゃ、バッテリーがあがったら、押しがけでもエンジンはかからない(ハズ)。

さて、なぜ注文したのかというと、
012-bike.jpg
左は割れてますな。
そんなに、キックしたっけ?
したんだろうなあ。
これは1週間前に発見。
お店経由でメーカに問い合わせたけど、純正品は無かった。
まあ、ないでしょうな。
それで、中古品を注文しといたのです。

正式品名にASSYとあるとおり、組立品なので分解して確認
013-bike.jpg

中に入っているステンレスのボール
014-bike.jpg
現在まで使っているキックペダルに入っていたボール(左)も、痛んでます。
あれま~
と、いうことで、注文した中古ペダルはASSY丸ごとをそのまま交換することにして再組立して取り付け完了。

割れている部分の拡大
015-bike.jpg
くどいけど、割れるんだ、ここ
(^_^;)


以上、修理に午前中までかかったので、お昼と休憩してからテスト走行に出た。

いつものところ
21-bike.jpg
曇っていることもあって発色が今ひとつですが、桜の葉も色づいてます。

北上し、篠山のJAに到着
22-bike.jpg
篠山まで来ると北の方には青空が出てますが、東西南方面は曇りです。

この季節の篠山名物である黒枝豆を買って帰りました
23-bike.jpg
バイク用に袋入りを買ったのです。
そっと、バッグの上に固定してっと。

帰り道のコスモス畑にて
24-bike.jpg
こちら側は、西日です。

反対側にもコスモス畑
25-bike.jpg
満開ですな。

いつもの北上ルートには両側がコスモス畑になるところがあるのです。

関西圏もぼちぼち秋なので、のんびり山散策ツーリングに行きたいなあ。


nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

久しぶりのファミキャン(日本のへそ日時計の丘公園) [キャンプとバイク]

10月8,9日に久しぶりのファミキャンに行って来た。

久しぶりというからには、前回はいつだったっけ?

ちょうど、6年前だった。
http://kaaru-ni-kaaran-zeyo.blog.so-net.ne.jp/2011-10-10
ファミリーキャンプ(1日目)

今回、行ったのはここ。
http://www.nishiwaki-hidokei.jp/
西脇市日本のへそ日時計の丘公園オートキャンプ場


さーて、焼肉
001-camp.jpg

焼肉については翌日の話があります。

炭火コンロは、バイクツーリングに持っていくので十分だった。
昔は、ファミリー用の大きなのでビール缶片手に焼きまくって忙しかった覚えがあるのだが、今は、これでのんびりがいいですな。

かんぱーい
002-camp.jpg

飲むのはほぼ、オヤジだけ
003-camp.jpg

続いて飲むのも、オヤジだけ
004-camp.jpg

先日、ポチった、これ、欲しかったの、というのはオヤジだけ
005-camp.jpg
家から、オトクなウィスキー(Black Nikka)を入れてきた。

途中からたき火に変更
006-camp.jpg

燃え燃え~
007-camp.jpg

・・・・・・おやすみなさい

朝、日が昇った5時過ぎ
011-camp.jpg
周りのサイトは満杯、やはり、小さい子供がいる家族が多いです。

月がはっきりと見えてる
012-camp.jpg

いや~~~~~~~~
今回、これだけの荷物をXLX250Rに積んで来て大変だった・・・・・・・
013-camp.jpg
そんなわけはない。

荷物は、4輪に積んでます。
でも、なんでバイクがあるかというと、荷物を積みすぎてオヤジが乗ると狭いから、自分でバイクで移動して、ということです。
4輪組は高速移動ですが、バイクは下道。
混む道は嫌なので、一旦北上して県道68を西に向かって三田まで出てから、ゴルフ場の脇を通る細い道をクネクネと走って行きました、とさ。
80km弱の距離です。

なお、関西では、三田は、ミタ、ではなく、サンダ、と読みます。
これ、プチ情報ね。

さて、お肉の話。
昨晩、半分近く焼いたお肉が残っていた(あの小さなコンロで焼いても余った)のですが、、、
テーブルの上にラップをかけて置いていたそうなのですが、、、、
みごとに、無くなってました。

証拠写真1
016-camp.jpg

証拠写真2
017-camp.jpg

分析用っぽく
018-camp.jpg

おそらく、猫。
さぞかし、ご馳走であったでしょう。

気を取り直して、残った薪でたき火
021-camp.jpg

別の所に置いてあった残ったソーセージを炙ってもぐもぐ
022-camp.jpg

パンを炙って、ハムを焼いて朝食
023-camp.jpg

食後、のんびり~
024-camp.jpg
青空ですな。

あちらがテントとタープ
025-camp.jpg
昔、最初にLOGOSのテントとタープを買ったのですが、タープの方は屋根だけのだったので、その内、家型タープが欲しい声が上がって、Colemanのタープを買ったので統一感無し。

帰りは木陰の道は涼しかったけど日に当たると暑かった。
そろろろ、今年最後の暑い日になって欲しいものです。


おまけ
026-camp.jpg
前夜に撮ったXLX250Rですぢゃ


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

雲海を見ながら大江山で朝食を・・・篠山も綾部も霧中ツーリング [バイクツーリング]

なんとかで朝食を・・・シリーズ
(シリーズ化しようかな?)

天気が良さそうなので、いつものごとく、早朝に出発した。

いつものところ、は暗いのでパス。
今回は、未明&早朝ライダーである。

カメラは2台
・スマホ:Zenfone3
・コンデジ:μTough-3000


篠山に到着(日の出前、霧)した。

暗い(コンデジ)
001-bike.jpg

こちらの方が明るい(スマホ)
002-bike.jpg

北上する(日の出)
004-bike.jpg

綾部市も霧が濃かった。
ずんずんと北上して...

大江のとある駅で休憩
010-ooe.jpg
後ろの白いのは、ですな、雲が低いというか、霧が上に上っているというか・・・

大江山の鬼嶽稲荷神社に到着
011-ooe.jpg

雲海です!!!
013-ooe.jpg
少し日が昇っているけど、これは素晴らしい。
見ている方向は東方面(太陽が見えている)

014-ooe.jpg

015-ooe.jpg

絵になると思いません?
016-ooe.jpg

左、つまり北に目を向けると
017-ooe.jpg
青空です。
つまり、東側は、曇り、その雲の向こうに太陽、そして、眼下には雲海。

ここで、朝食
019-ooe.jpg
お湯を沸かして紅茶(ストレート)
水は伊丹の水道水(大江山には飲水は出ない)
自作サンドイッチを持参
っていっても、スライスチーズ、ハム、きゅうり、マヨネーズ少々、を食パンで挟んで三角に切っただけ。
そしてラップでくるんだ。
もうちょっとタンパク質を取るためにケンタッキー1個。
それらをタッパーに入れて完成。
簡単だ。

モグモグモグモグ・・・・・・・・
ごちそうさま。
やはり、温かい飲み物があるといいね。

このあたりにお住まいのご夫婦も来ていた。
食べてる途中に家族連れもやって来たり、山歩きのご夫婦も来たり、と、それなりに人が来る場所。
冬には積雪があるので雪山になる(今年の5月にブログにしたっけ(^_^;))。

さて、朝食が終わったのでもう少し、ツーリングに出ましょうか(^o^)
020-ooe.jpg

山を下る途中、やはりこの2人と記念撮影
021-ooe.jpg
青空なのに気づきます?

山を下っていく
022-ooe.jpg
うーん、これもいい絵だね。
ここから先(下る道)は、雲(霧?)の層なのだ。
見る間に霧が渦巻いて(蒸発?)している。
道を下って、この雲の層を抜けると、空は曇り空、という訳。
面白いね。

山を下り終わって西へクネクネ道を走る。

とある舗装林道に入っていくと広場がある
026-bike.jpg
左の方に新しい建物(アンテナ塔のようだ)ができている。
以前はバイクの向こうの岩だけだったような気がする。

たぶん、この向こうが日本海
027-bike.jpg
空気が霞んで見えないが、肉眼で見ると日本海が見えた気がした。

眠くなってきたので、この林道を降りたら南下しよう。

夜久野の道の駅で休憩
031-yakuno.jpg
暑いので木陰にバイクを停める。

少し南下したところに長浜ラーメンのお店がある
032-yakuno.jpg

標準のラーメンは650円
033-yakuno.jpg
量が少ないので自分には丁度いい。
足りない人は大盛りやトッピングもできるよ。

11時過ぎに到着したが、ちょうど混み出す直前だった。
待ち時間無しでカウンターに座れた。

次は、青垣の道の駅
035-aogaki.jpg
またも日陰に停めた。

次は、おばあちゃんの里
041-obaachan.jpg
向こうに見えるは、カタナじゃないですか。
手前が隼だね。
一番手前は?

眠けざましにクネクネ道をクネクネと・・・・・・
おばあちゃんの里からこちらは、見知った道だ。
(でも、メイン道路は知らない。クネクネしか知らない。)

篠山のForest Adventure前の駐車場で休憩
043-sasayama.jpg
結構、駐車場がいっぱい。
Forest Adventure、いいなあ、青春だなあ。
自分があと35年若ければ、ホイホイとグループ交際で行くんだけどなあ。
ごめん。
山歩きの人もいるしね。

と、いうことで、最後は少しヘロヘロになりながらも帰って来た。



(おまけ)
濃霧の篠山(翌日)・・・・・・

篠山に出る前のとある場所での夜明け前のこと。
山の向こうから日の出だ。
山裾には霧が溜まっている。

061-bike.jpg

062-bike.jpg

こちらは北の方角
063-bike.jpg
霧の薄い帯の中に外灯の光が見える。
こういう雰囲気、何かのアニメで見たような気が・・・・・・

霧の篠山に到着
071-bike.jpg

霧の商店街に行ったり
076-sasayama.jpg

霧の篠山城跡に行ったり
077-sasayama.jpg

このあたりは篠山の中心付近なので散歩の人や通勤の人がいるくらいで静かだが、霧も晴れる時刻になれば賑わう場所である。

東に戻る途中、霧の河原町妻入商家群(古い町並み)を通ったりも
078-sasayama.jpg

霧の中にいると、モノクロの世界にいるようだ。
バイクが赤いので、モノクロでないことは分かるが。
モノクロ写真に一部をカラーにする手法があるが、これは自然にこうなっている。
バイクは赤でメットは黄、こっ恥ずかしい配色だが(35年前は普通)、こういう時には活かされるね。
(と、勝手に思っている。)

篠山は霧が出やすいからこういう雰囲気を味わいたかったらいかがだろうか?
なお、ウェアやヘルメットも濡れるのでそういう心構え・準備が必要。


帰り道、篠山の南の峠から振り返ると・・・
081-bike.jpg

山の向こうの白いところが霧である
082-bike.jpg


スマホの手ブレ
なっ、謎の重力波が~~~~~~~的な?
099-bike.jpg
(昔のアニメの見過ぎか?)
これは単に面白いから(^^)

では~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(次は、どこで朝食を食べようかなあ?)


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク