So-net無料ブログ作成
検索選択

上橋菜穂子と精霊の守り人展(姫路文学館)に行ってきた [色々]

いや、実は、行って来いと言われて行ってきた^^;


姫路文学館 特別展「上橋菜穂子と精霊の守り人展」平成28年7月30日(土)~9月19日(月・祝)


前回、姫路文学館に行ったのは、そう、遠い昔、、、
結婚前の◯ートだったけか

まあ、それは置いといて、リニューアルしたとのことで、特別展をしているそうなのだ。

精霊の守り人という小説やアニメがあることは知ってたが、アニメの第1話を観たくらい。
それから、最近、*HKで特撮ドラマ(だよね?)が放映されてたが、観てない。
でも、今回の特別展を観て、少し、興味が湧いた。

撮影できる場所が少ないので写真が少なめだが、作者の上橋菜穂子さんが文化人類学の博士号を取った時の紹介(写真と現物、そして、紹介文)等があって、興味深かった。
精霊の守り人というのは、文化人類学で得た知識と経験を元にしてるとのことだ。
展示物の文章を読んだりするのが苦にならない人にはお薦めの展示会だ。


姫路東ICで降りて西に向かう
01-himeji.jpg
姫路城だよね。

天気もよく、暑い。


さあ、入ろうか
02-himeji.jpg

駐車場もある
03-himeji.jpg
小さい駐車場だが、満車だね。

入り口の看板
04-himeji.jpg

スロープを上がっていく
05-himeji.jpg
奥の建物が北館でここで展示会が開かれている。
左の建物は南館で、喫茶店もある。

振り返ると、姫路城
06-himeji.jpg
姫路城の西の方なのだ。
暑くなれけば、普通に歩いて来られるでしょうな。

青空ですな
07-himeji.jpg

展示会の入り口にある写真を撮っていいエリア
08-himeji.jpg

ここの前に立って記念撮影
09-himeji.jpg

こっちの服が精霊の守り人の衣装なので、つまり、コスプレができる!
10-himeji.jpg


振り返ると、こんな感じ
11-himeji.jpg

拡大してみる
12-himeji.jpg
第二次大戦後は、真っ黒に汚れてたのでカラス城と呼ばれていたそうな。
それが今は、白すぎ城とは。
まあ、月日が経てば少しずつ黒くなっていくでしょうがね。


ここも撮影OKの部屋
13-himeji.jpg
ガラスで囲まれてて、ガラスに正面衝突してしまった。

蛍光剤が入っている物はこのように光る照明になっている
14-himeji.jpg
最初、分からなくてなんだろうと思った。

終わりに、竹やぶ
15-himeji.jpg
ユリの花が咲いてますな。
写真が少ないので、これでごまかしておこう。




(番外編1)
敷地内の望景亭に行ってみる
21-himeji.jpg
22-himeji.jpg

「大正期に建てられた日本家屋を補修したもので、40畳の和室と茶室を備えています。貸室対象になっていますので、文化的な催しにご利用下さい。」とのこと。
こちらはほとんどの人が入っていかないので、ほぼ、独占状態。
いいね。
23-himeji.jpg

玄関を入ったら、直線の廊下
24-himeji.jpg
最近、こういう場所に来てなかったから新鮮だ。


ちょっと画像で遊んでみる
25-himeji.jpg
夕方の雰囲気にしたつもり。
なにか出てくるかな?

26-himeji.jpg

27-himeji.jpg

28-himeji.jpg

29-himeji.jpg

静かだ。
なんだか落ち着く。
日頃、ワサワサとしとるからなあ。

20畳敷の畳というのを久しぶりに見た。



(番外編2)
その夜、古くからの友人宅でプチ宴会
31-dinner.jpg
32-dinner.jpg
33-dinner.jpg
自分以外にも日本酒党がいるので、日本酒2本でござる。


2時半頃までおじゃまして、車で帰った。
運転は嫁さん任せなので、オヤジは楽だった。
(ただの飲んだくれ、ともいう。)



ひっそりと追記(2016年8月30日)
精霊の守り人の展示展を見ていた時に感じた既知感、
作者はオーストラリアでフィールドワークを行って文化人類学の博士号を取った、
昔、読んだ本があった。

作者:パトリシア・ライトソン
ウィラン・サーガ
・氷の覇者
・水の誘い
・風の勇士
早川書房のファンタジー文庫

アボリジニの青年が主人公のせつなくもたくましいオーストラリアの精霊達との話だった。

イメージとして思い出すことは、こんなところかな。
・赤い大地
・旅、野宿(本当の野宿)
・開けた缶詰を食器代わりに(お金がない、いや、他に大事なことがあるというべきか)
・弾圧された少数民族の物悲しさ
・それでも世界のために精霊と戦うたくましさ

展示会で見た精霊の守り人のイメージと似ている。
物語性は全然違うけどね。


実は、この作者を思い出して検索してみたんだ。
そしたら、同じような感想を持ったレビューがあったので、この感覚は自分だけじゃないようだ、と思ったので追記してみた。
・・・・・・・・・・これって、興味深い

注:精霊の守り人はまだ読んだことがないので、あくまでも、イメージです。



西谷の森公園散策と古いブーツの修理、等 [色々]

しばらく体調を崩してたのでリハビリを兼ねて少しバイクに乗って、西谷の森公園へ行って軽い山歩きをして来た。

01-bike.jpg

コースは、以下。
西の谷の駐車場から峠の六角東屋経由で展望台
展望台から馬の背を通って峠の東屋経由で駐車場に戻る
往復、2.4km程度なので、ゆっくり歩いても2時間はかからない。

西谷の森公園というのはここです。
兵庫県立宝塚西谷の森公園



何時に着いたっけ?
9時過ぎだったかと。

02-mori.jpg

装備の一部を外して歩きモードになってテクテクと散策。

バイク1台のみ
03-bike.jpg
寂しいじゃん。


普通に歩いていたが、、、軽い登り道になったとたん、息がゼーゼー、って運動不足だなあ。
鳥の鳴き声がするけど詳しくない。

木の上に大きな巣があるけどなあ
04-mori.jpg

ゆっくり歩く。


展望台が見えてきた。
05-mori.jpg


展望台に登ると、四方がよく見える。
三田方面、川西方面、とかね。
確か、2008年頃に整備されたそうなので、きれいな写真の説明もあって分かりやすい。
GPSのデータによると、ここの高さは300mとちょい、みたい。

こっちからだと、六甲山系を裏側(北側)から見ることができる
06-mori.jpg
奥の方の山なみが六甲山系。
あの、一番高いところが1000mにもう少しで届かない山頂かな?


展望台のすぐ下にあるベンチでお湯を沸かして紅茶と早めのランチ
07-lunch.jpg
コンビニで買ったサンドイッチだけどね、おしぼり着きだし、袋がゴミ入れになるので便利。

展望台からは下りです。


馬の背というのは岩場の道で左右が急斜面になっている
08-mori.jpg
崖といった急斜面ではないけど落ちたら危険なので片側に手すりがあります。


峠の東屋に到着
09-mori.jpg
向こうに見えるのがさっきまでいた展望台です。
(うーん、ポチッっとしたでっぱりとしか見えない。)


途中、何組かの軽装山歩きの人達とすれ違うと思ったら、駐車場に車が増えてた
10-mori.jpg


さて、山歩きの目的はもう1つあって、それはブーツのテストも兼ねてたのです。

今日のブーツはこれ
11-boots.jpg
30年くらい前に買ったセミオーダのワークブーツです。
学生時代に少ない小遣いで買った一品物。
足型を取って、2,3週間くらいでできてきたような気がする。
確か、3.5聖徳太子位だったかと。
ソールはビブラムで、つま先の方に3箇所釘を打ち付けてる、というと古いブーツを知っていた人は覚えがあるでしょうか。
昔のオフロード用ブーツや登山靴と同じ作りですね。

セミオーダなので足の形そのものは自分に合ってるが、なにせ、古いので、かかとの縫製が切れてしまったり、皮がエンジンの熱で劣化してたりしたので近くのお店に靴修理に出してなのだけど、3週間後に様子を聞いたら、連絡しようと思ってたけどって言われて、結局、修理できないって。
だったら、もっと早く連絡してもらいたいところ、と思ったけど、返金してもらって引き取った。
さて、どうしたものか。
登山靴も扱う店に行けば修理できる可能性があるとは思ったけど、面倒なので自分でやれるところまでやってみた。

1. かかとの縫製
まずは、近くの裁縫屋に行って革用の糸を買ってきた
21-boots.jpg
左がロウを塗った糸、右が合成樹脂の丈夫な糸(左のより細いがロウは塗られてない)

かかとについては、ロウを塗っている糸を使うことに決めた。

かかとの糸が切れてしまっているのが分かるでしょうか
22-boots.jpg
なにせ、素人作業、革用の針を使っても最初は指輪みたいなのを使っても皮が固くて針が通らず、もう大変。
特に、かかとのところは糸を貫通した後に黄色の皮を裏から縫い付けている構造のようなのです。
でも、そういう加工は無理なので、今回は貫通させたのでよけいに大変なのです。。
革用の針も曲がったり折れたりする始末。
最終的には、千枚通しみたいに太い普通の針で下穴を開けて、そこに革用の針を通す方法に行き着いた。
針を入れたり、引っ張るのはラジオペンチを使った。

23-boots.jpg

24-boots.jpg

出来は、下手です
25-boots.jpg
26-boots.jpg

縫うピッチも元の2倍の距離にした。
でも、まあ、縫うことはできた。

かかとの糸の穴から水が入る可能性があるので100均で買ってあった薄いウレタンシートを内側に貼ってある。
ウレタンシートは、かかとの靴擦れも防ぐ目的。


2. パッチ当て
靴修理屋からパッチを当てようとしていた皮切れを靴の中に入れっぱなしにして返却されたので、それを使って自分でパッチを当ててみた。

接着剤は、スーパーX(シリコン系)を使用。
はみ出てるけど、自分で履くのだから、いいや。
しかし、これ、剥がれます。
なんでかというと、皮がミンクオイルを吸い込んでいるので革の表面に油成分が浮き出てきて接着剤が剥がれる(靴修理屋談)。
実際、剥がれるので、こまめに接着剤を充填してみて様子を見ることにした。
どっちにしても、きれいに剥がれるので、使い捨てみたいに考えようかな。
糸で縫うのは、そこから水が入りやすくなるのでやらなかった。
(大変だし...)

そんなこんなで、こうなりました。
27-boots.jpg
28-boots.jpg
29-boots.jpg




-------- プチ修理 -------------------------------------------------------------------
さて、もう1つの革用の糸だけど、グローブの修理に使ってみた
99-glove.jpg
元々、ダートバリバリ派ではなく、まったりツーリング派(運動神経のこともある)なのでそういうグローブはあまり買わない。
でも、グローブするとしないとではかなり違うので素手でバイクに乗ってるのを見ると忠告したくなるオヤジ。
何度かバイク用品店でグローブを試してみたけど、好みの問題で今ひとつ、なので、古いのを修理し続けている。
パッチを当てるのは裁縫屋で買った皮の端切れだけど、いいやつは結構高いのよ。
確か、1000円以上した。

パッチを当てすぎてもはや、別のグローブになりつつある。
いつまで使うんだろう?
これって、結構、味が出てきた感じがする(自己満足派)。

ほら、あれでしょ。

MAD MAX ! wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

(おしまい)


WALTHER P.38 METAL FINISH MILITARY(SHORT RECOIL BLOWBACK) マルシン 1982年 [色々]

家族が立て続けにインフルになってしまい外出を控えてることもあり、少し珍しいものについて書いてみる。
軽くweb検索したところでは全く同じのが見つからなかったので、こういうのもいいでしょう。

先日、実家に帰った時に、なにか知ってるかと渡されたのが、このワルサー P38。
懐かしい。
買ったのをすっかり忘れてた。


長期間ほったらかしだったため(火薬の硫黄も付着してただろうし)に錆だらけだけど、箱や説明書も残ってたので、記録がてらブログにしてみる。


箱の表紙
01-p38.jpg

箱の中身
02-p38.jpg
右の緑色のが火薬で、その下の弾は予備で買ったもの。

銃を出してみる
03-p38.jpg


銃口には、横に梁がある
04-p38.jpg
改造防止のためかな。


スライドさせる
05-p38.jpg
錆びてますな。

こっちも
06-p38.jpg
錆びてますな。


自立させることができる
07-p38.jpg

左側
08-p38.jpg

右側
09-p38.jpg

元々、黒塗装されていたのだが、ほとんど塗装が剥がれてしまった。
金属の質感は残っている。



カラーのカタログ
11-p38.jpg
真ん中の下の方に、1982.3という表示がある。

カラーのカタログの裏
12-p38.jpg
定価表示がある。

分解図やパーツリスト
13-p38.jpg

操作や分解の説明
14-p38.jpg

ファイルサイズを小さくしてるけど、文字はぎりぎり、読めるでしょう。


MILITARYとCOMMERCIALの2種類があって、MILITARYを選んだらしい。
理由は、忘れた。

金属とABS樹脂で出来ているが、手に持つとそれなりの重量感がある。
金属製の薬莢に専用火薬を取り付けて撃鉄が降りると火薬が爆発してブローバックして薬莢が飛び出す。
当時、パーンと飛び出した薬莢を目で追えずにどこに落ちたのか探したのを覚えている。
ということで、落ちた薬莢を探しやすい場所で使う必要がある。^^;
なにせ、この薬莢は使いまわさなければならない。\(^o^)/
まあ、そいうのが面倒で、ほとんど遊ばずに保管されてたんだろうね。

値段は7300円と表示がある。
当時はあまり割引するようなことがなかったので、ほぼ、この値段だったんだろう。
消費税も無い時代。


今の時代、こういうのをそこいらで発砲してると通報されるでしょうな。
当時の方が平和な時代だったからこそ、のおもちゃなんだろうな。
ディスプレイにしよう。


持っているモデルガンはこれだけ。
ワルサーP38といえば、たぶん、日本で一番知られている銃だと思う。
ルパン三世~~~





追伸:
1000円くらいのプラモデルもあったな。
2回は買った記憶がある。
でも、頑張って組み立てても説明書のように動かせなかった。
スライドに垂直についている丸棒ごとプラスチックだったおかげで丸棒が根本からポッキリ・・・・・・・
真剣に、ここだけ金属で自作できないか悩んで、諦めたっけ。
(今思えば、純粋な青少年を騙すようなプラモだったな。)

このネタを知ってる人がいたらかなり、レア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?