So-net無料ブログ作成
検索選択
バイク ブログトップ
前の3件 | -

XLX250Rのバッテリーメンテとフロントブレーキレバー交換 [バイク]

真夏は過ぎたと思うのでバイクのメンテを少しばかり書いてみる。

バッテリーは、MFを使ってみたけどレギュレートレクチファイアが壊れたこともあり(MFのせいだという根拠はない)、開放型に戻している。

台湾製のユアサバッテリーだ
01-battery.jpg
結構、いい感じだと思う、

夏場は、ほとんど早朝しか走ってなかったのだが、液量がかなり減っていたので純水を補充した。
先日、転倒したのも減った原因かも?
液量が減ってもバッテリーがヘタっているという感覚は無いので季節の変わりめのチェックは忘れないようにしたい。

さて、他の人はどうやってバッテリーがヘタっているかどうかを体感しているでしょうか?
自分は、ウィンカーの点灯で交換時を判断している。

最近はリチウムイオン二次電池が互換品として出てきているが自分なりに思うことがあるので使おうとは思わない。
細かく書くことはしないが、要は、バッテリーを電装系の電気回路としてみるならば、ACジェネレータが動いてない時には電源となる。これは分かりやすい。一方、ACジェネレータが動いている場合には、電気を溜め込むという負荷になるということ。負荷ということは、その前段(レギュレータ)を含めてどのように充電回路として動作するかを検討しなければならないということだ。しかし、レギュレータ側の回路がどうなっているかの情報をメーカは開示しないので、回路全体を検討することは不可能だ。バッテリーメーカーがバイクメーカーから技術情報の供与を受けない限り。
真面目に考えるならばこんな話になる。

XLX250Rはキャブなのでバッテリーがあがってもまだましだが(ただし、バッテリー無しで長い間運用することはレギュレータに良くない)、EFIだとバッテリーが死ぬとエンジンがかからなくなるので致命的。最近は、電子制御の役割が増えているので、バッテリーが命運を決める部品になってきている。
その割には、寿命品なので、点検と交換が欠かせないのだけど。

クローズドコースでバイクに乗るだけなら、どんどん新しい部品を使ってもいいと思うよ。


アレっ?
グダグダ書いてしまった。


メンテのついでにあちこちをいじっているうちにブレーキレバーを少し曲げ直していたら、鈍い反応が・・・・・・
レバーの根本の穴の部分が割れてしまった。
ガーン。

一応、割れた状態でもワイヤーが引っ張るのでレバーがずれることはないのだが(100kmくらい走った)、安全のためにきちんと修理しておかなければならないので、部品が無いか問い合わせた。
そしたら、驚くことに在庫があった!
どうやら、他の車種と互換性があるようだ。
こういう場合は、在庫がある場合がある。
古いからといって最初から諦めずに問い合わせすべきだね。

手配したのは以下(参考情報として書いておく)。
・53171-KE1-000 R.ハンドルレバーブラケット
・53173-KE1-000 R.レバーブラケットホルダー
(合わせて3200円くらい。)

レバーを分解する前に手配したのだが、結論としては、ホルダーは手配しなくてよかった。

土曜日の午後に手配してもらって、水曜日頃に到着するということだったのだが、なんと、翌日の午後に到着した。
急いで、取りに行って交換した。

破損した部品と新しい部品
21-break.jpg

破損した部分の断面を見ると.....
22a-break.jpg
黒く変色している部分は、昔から割れていたと思われる。
今回のメンテでトドメを刺したということらしい。

新しいブラケットとホルダーを交換して、キーをONにしてみると、ブレーキランプが点きっぱなし。
アレレ?

もう一度、分解して調べてみると、どうやらスイッチがONになりっぱなし。

以下のようになるのが正しい。
・レバーを引かない状態=スイッチの出っ張りが凹んだ状態(押した状態)=スイッチOFF=ブレーキランプ非点灯
・レバーを引いた状態=スイッチの出っ張りが飛び出した状態=スイッチON=ブレーキランプ点灯

くどいように書くと、スイッチだけを取り出した単体としては、デフォルトがON、出っ張りを押すとOFF、という動作。


このスイッチをON/OFFさせる出っ張りがすり減っている
24-switch.jpg
四角い部分が出たり引っ込んだりする。

レバー側は金属なのにスイッチの出っ張りが当たる部分がすり減って凹んでいる。
(長い期間使ってきたもんなあ。)
そのため、レバーを引かない状態でスイッチがONになりにくいということになっていた。

スイッチを手配するのも面倒なので、今回は、スイッチとの嵌合を見ながら、レバー側をヤスリで削って処置した
25-break.jpg


修理完了。



<以外と珍しい写真>

バイクの背景が真っ白でしょ
31-bike.jpg

実は、濃霧だったの
32-bike.jpg
篠山の早朝でのこと。

涼しい感じする?
実際、涼しかった。


書いてたら、結構なボリュームになってしまった。
凝りすぎたかな・・・・・・・

後日、ふらりとソロ・ツーリングに行ったのだがそのことは次回へ。


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

XLX250Rのタコメータ・ワイヤの断線 [バイク]

いつもの早朝ツーリングから帰ってくる途中、タコメータの針が動いてないことに気づく。

帰ってきてから調べると、タコメータ・ケーブルのインナー・ワイヤが切れてた。
走行距離としては、7万kmくらい?

過去、新車購入して1年くらいで切れたことがあるのでそれからすると長持ちした方かなあ。
(1回目の断線の経験から、一工夫したのでそれは最後で)

エンジンに近い方のインナー・ケーブルが切れてた
01-wire.jpg

切断面
02-wire.jpg

エンジンに取り付ける方
03-wire.jpg

まずは、純正部品を注文できるのかを確認すると、なんと、在庫があるとのこと。
おお~
さっそく注文すると、なんと、翌日に届いたので取りに行った。
なお、パーツリストにはインナー・ケーブルの部品番号はあるのだが、そちらは廃番だった。
手配したのは、ケーブルASSYの方である。

新旧ケーブルを並べた
04-wire.jpg
上が新品、下が断線したケーブルである。

断線したケーブルの外観を確認したが、断線部に相当する部位には異常は発見できず。

代わりに関係ない部位の外観がこのようになっていた
06-wire.jpg
外被にひびが入り、内部の金属部が見えている。
まっ、約30年を経過したケーブルということで、参考程度のことです。

手配してやってきた部品番号と価格を示しておく
05-wire.jpg
この部品番号(37260-MF5-010)は、手持ちのパーツリストに載っている番号とは異なる。
互換品ということだね。
他のバイクと共用しているようだが、気になる人はググったりすると分かる。

交換完了
07-wire.jpg

ここで、一工夫(のつもり)
08-wire.jpg
高温に耐えるグリス(普通にホムセンで売っている中で、200℃だったかな)を塗りたくってます。
(これもメンテの一つとして、定期的にグリスを剥がして再度塗り直す。)
理由は、グリスを塗る前の写真を見ると納得されると思うが、ここに水が浸入しやすいから。
新車でワイヤが切れた時はこの付近のワイヤが切れたので。
ただし、とっても古い話のことなので勘違いしている可能性もある。

今回、断線した部位は、ケーブルのRが小さいところだったように思う。
Rが小さい部位に最もねじれのテンションがかかるので、そう思った。

タコメータはあると参考になるので結構チラ見しながら走るオッサンのケーブル交換記録でした。





暑い日が続いてるので早朝ツーリングばかりしてます。
少しでも涼しく感じてもらえるなら幸いです。
そういえば、この時間帯は早朝ツーリングじゃなくて未明ツーリングだ、とコメントをもらったこともあったけ。
これからは、未明ライダーということにしようかな。

11-bike.jpg

12-bike.jpg

13-bike.jpg

14-bike.jpg
左の畑は、篠山名物の黒豆です。

21-bike.jpg

22-bike.jpg

23-bike.jpg


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

むし暑いので曇りだけどプチ早朝ツーリング、と、プロテクションエアロメッシュパンツ(ROUGH&ROAD)のエンジン焼け対策 [バイク]

湿度が高い。
空気中の水蒸気を感じられるくらい。

涼を求めて、早朝ツーリングに行って来た。

いつものところ
01-bike.jpg

同じ場所だけど地面すれすれから撮って遊んでみた
02-bike.jpg

03-bike.jpg
アリになった気分?


いつもの篠山に出たところで霧というか小雨というか......
11-bike.jpg

12-bike.jpg

幸い、この時間はまだ涼しいので、いつものコンビニでホットコーヒーを飲んで帰って来た。


これだけなら、わざわざブログにしなくても、と思ってたが、一応、自作ネタがあるのでそのことを書いておく。

夏になって、メッシュパンツを使っているのだが、右足のRクランクケースに当たる部分のでパンツの裾が溶けてきた。
右足のふくらはぎの内側が熱いのだ。
そのおかげで、よけいに暑い
ニーグリップすればするほど、熱い
古いバイクは、そういうものなのだ。
(新しいバイクは知らないのだけど。)


履いてるパンツはこれね。
プロテクションエアロメッシュパンツ(ROUGH&ROAD)のカスタマイズ
http://kaaru-ni-kaaran-zeyo.blog.so-net.ne.jp/2016-05-22
この時点でプロテクターを大きくする改造と裾をゴムで締める改造をしてある。

そういう訳なので、内側に皮(本物の皮)を縫い付けた
21-pants.jpg
今日、走ってきた感じではいいです。
擦れて切れるといやなので、皮用の糸で縫った。

ブーツのくるぶしのあたりが変色しているのもの影響だろう。

パンツもブーツも黒いので見づらいかもしれない点はご容赦。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | - バイク ブログトップ