So-net無料ブログ作成
検索選択

サイドバッグの新調(ラフ&ロード)と自作マフラーガードとか [バイク]

バイクリターンした後にキャンプしたくてサイドバッグを買ってたのだけど、そろそろ新調したいなあ、って思ってた。

これ、当時、5000円台で買った最安バッグ
01-bag.jpg

頑張ってくれてますが、穴が開いてしまってる
02-bag.jpg
右のマフラーの熱と摩擦のためでしょう。
耐熱シートを貼ってたけどダメみたい。

それで、(呑んだ)勢いでポチってしまった
03-bag.jpg
ラフ&ロードのバッグです。
これまでのバッグよりもしっかりしてる。


ところで、一番上の黒い板は何かというと......
自作した木製の板なのだ。
そのままシートに乗せる鞍のようなものです。

上から見ると
11-board.jpg

裏側は
12-board.jpg

斜めから見ると
13-board.jpg
右の方が前側(お尻が当たる方)なのだ。
痛くないように微妙な曲線に削ってる。

この板の上にはお尻は乗らない。
タンデムで後ろに乗る場所にセットする。
基本的に安い100均の板を使って、割れないように木の木目がクロスするようにしてある。


この板に新調したバッグのベルトを巻きつける
21-board.jpg

22-board.jpg

これらのベルト、本来は、シートを外して巻きつけるため長い。
2重巻きにしてる。

バイクに乗せてみた
31-bag.jpg

32-bag.jpg

いけそうだ。


せっかく新調したバッグなのでマフラーの熱で穴が開かないように工夫したいなあ。

と、いうことでホムセンと100均で材料を買ってきた
35-bag.jpg

右のグループがホムセンで左のグループが100均です。
2枚の黒い板が大枚はたいて買った400円超えのステーなのだ!
強度が必要な部分に使うため高級ステーを使うのだ。
長さの違うM8のボルトも一緒に買った。
長すぎたので短い方を1本しか使わなかったけど。

100均では色々買ってみた。
使わなかったのもあるのでストックしておこう。

まずは、高級ステーを加工する。

バイクに取り付けるためにΦ8.5の穴を開けてから90°に曲げた
36-bag.jpg

更に曲げ加工
37-bag.jpg

高級ステー間をつなぐ板を取り付けた
38-bag.jpg
ステンレス定規です\(^o^)/
いい素材だ。

高級ステーをカットしてからステンレス定規の切れ残りを使ってもう1箇所取り付けた
39-bag.jpg

40-bag.jpg

こんな感じ
41-bag.jpg

42-bag.jpg

バッグを乗せてみた
43-bag.jpg

ちゃんと隙間ができてる
44-bag.jpg

ちょっと高級ステーが弱いかもね。
まあ、使ってみよう。

そのままだだと、腐食に弱い(定規が丸見え)なので、黒く塗った
45-bag.jpg
(翌日のツーリングにて)

ところで、この白い丸の中だけど
51-bag.jpg

XLX250Rだけの特徴かもしれないけど、元はここにM8のスプリング・ワッシャを2枚シム(スペーサ)として入れてたのだ。
でもね、2枚のワッシャを入れるのに苦労するのよ。
うまく穴にあわず、下に落としてあたふた探すこと数回。
面倒なので、専用のシムを自作した。

これ
52-bag.jpg
手元にあった短めのステーの穴を大きくして(Φ8.5)から、半分に分離したものだ。
このステー1枚の厚さが丁度、スプリング・ワッシャ1枚と同じなので、両面テープで2枚を重ねて貼ってから1回で取り付け完了。
あー、スッキリ。



作業中にコンデジが壊れた
61-camera.jpg
この前買ったばかりなのに(泣)
電源を入れてもレンズが出なくなった。
メカ的な故障だと、思う。
まあ、砂埃の中で使ったりしたからだね。
使い方が荒いのがいけないのだろうけど、汚い手でスマホのカメラももったいないので、やはり、手軽なコンデジが欲しい。
中古でちょっと古めの防水タイプのコンデジ(安い)をポチった。
最近、アクション・カメラがとても安いので迷ったのだけど手軽に静止画を撮りたいだけなので今回はコンデジにしておく。



翌日、あまりにも天気が良かったのでちょっとツーリングに行ったけど、気力があれば近日中にアップするでしょう。


渡瀬キャンプ会に参加してきた [キャンプとバイク]

いつもの渡瀬緑の広場キャンプ場でキャンプをするというのでリフレッシュのために参加してきた。
まあ、要するに野外宴会ですな。
寒いと思ったので行きも帰りも高速利用です。



高速を降りて国道311沿いの道の駅(ふるさとセンター 大塔)で昼ごはん
01-bike.jpg

紀州うめどり親子丼(800円)
02-lunch.jpg
普通でした。

出発しようと思ったら右ハンドルにてんとう虫
03-tentoumushi.jpg
逃してあげて出発。
お昼になるとポカポカです。
春が近い。

到着
04-bike.jpg
一番乗りなので、とりあえずテントを張って・・・

ベンチでお茶タイム
05-camp.jpg
青空ですわ。

近くの温泉にゆっくり浸かって、といっても長湯できないたちなのでそれなりにだが、スッキリした。

風呂上がりに水分補給してたら次々と参加者達が到着。
今回は、Iさんのみ、夜遅くに到着して合計7人でした。
物好きなおっさん達です。

といいつつ、他のキャンパーも結構いましたよ。

このキャンプ場は結構人気のようで春になるととても混むとのこと。
空いた季節に利用するのが吉。


さて、まだ暗くなってないけど、宴会開始~
06-camp.jpg
お気に入りの未鑑定大吟醸

ピントがあってないけど、焼き鳥を作ってみた
07-camp.jpg
焼き始めたら焼き加減にムラが出だしたのでアルミホイルに包んで甘ダレに浸しながら蒸し焼き風に加熱してみた。
まあまあの出来だった。

各自が食材を持ち寄るのがこのキャンプのルールなのだ。

以下、いただきものたち。

カツオのたたき
08-camp.jpg
ニンニクたっぷりなのだ(好み)。

フランクフルト
09-camp.jpg
かじった。

牡蠣
10-camp.jpg

揚げ豆腐
11-camp.jpg

五山の四季
12-camp.jpg

熱燗も頂きながら、牡蠣
13-camp.jpg

豚しゃぶにもやしがのってる
14-camp.jpg
焼くと油っこくなるのでこういうのがあっさりしてよいですな。
ヘルシ~


15-camp.jpg

ノドグロの干物もあったよ。

焼酎のぶんご太郎
16-camp.jpg

空山独酌
17-camp.jpg
18-camp.jpg

たき火が暖かい
19-camp.jpg

23時頃にIさんが到着(さすがに4輪)
20-camp.jpg

21-camp.jpg

22-camp.jpg

いいですねえ
23-camp.jpg

24-camp.jpg

25-camp.jpg

たらふく呑んだので寝た・・・・・・・
結構、対策したつもりなのだが寒かった。
せっかく持っていった使い捨てカイロを使うのを忘れた・・・



翌朝、サガですな、6時にゴソゴソと出てしまった

上の方がガスってます
31-camp.jpg

32-camp.jpg


朝ご飯
33-camp.jpg
かなりお腹いっぱいになった。


尼崎在住のUさん(BMW1200CC)と一緒に10時頃に出発、田辺から高速に乗ると混むようなので、海岸沿いの国道42を走って広川ICから高速に乗った。
これは正解ですね。

35-bike.jpg


PAで軽くお昼
34-lunch.jpg
梅うどん(500円)

高速だと片道250kmはない。
帰りの燃費:36.8km/L
80km/h巡航、かつ、荷物満載のために重かったので(慣性の法則)こんなに良い値が出たのかな?


久しぶりのキャンプでいい気晴らしになりました。



追伸:

写真はZenfone3を使用。
一眼を持っていかなかった分は軽量化できたので楽だったが夜の写りはそれなり。

荷物のバランスをもっと下げるにはサドルバッグに重いものをもっと配分したいので新しいのをポチってしまった。
お手軽価格のです。




nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク