So-net無料ブログ作成

上橋菜穂子と精霊の守り人展(姫路文学館)に行ってきた [色々]

いや、実は、行って来いと言われて行ってきた^^;


姫路文学館 特別展「上橋菜穂子と精霊の守り人展」平成28年7月30日(土)~9月19日(月・祝)


前回、姫路文学館に行ったのは、そう、遠い昔、、、
結婚前の◯ートだったけか

まあ、それは置いといて、リニューアルしたとのことで、特別展をしているそうなのだ。

精霊の守り人という小説やアニメがあることは知ってたが、アニメの第1話を観たくらい。
それから、最近、*HKで特撮ドラマ(だよね?)が放映されてたが、観てない。
でも、今回の特別展を観て、少し、興味が湧いた。

撮影できる場所が少ないので写真が少なめだが、作者の上橋菜穂子さんが文化人類学の博士号を取った時の紹介(写真と現物、そして、紹介文)等があって、興味深かった。
精霊の守り人というのは、文化人類学で得た知識と経験を元にしてるとのことだ。
展示物の文章を読んだりするのが苦にならない人にはお薦めの展示会だ。


姫路東ICで降りて西に向かう
01-himeji.jpg
姫路城だよね。

天気もよく、暑い。


さあ、入ろうか
02-himeji.jpg

駐車場もある
03-himeji.jpg
小さい駐車場だが、満車だね。

入り口の看板
04-himeji.jpg

スロープを上がっていく
05-himeji.jpg
奥の建物が北館でここで展示会が開かれている。
左の建物は南館で、喫茶店もある。

振り返ると、姫路城
06-himeji.jpg
姫路城の西の方なのだ。
暑くなれけば、普通に歩いて来られるでしょうな。

青空ですな
07-himeji.jpg

展示会の入り口にある写真を撮っていいエリア
08-himeji.jpg

ここの前に立って記念撮影
09-himeji.jpg

こっちの服が精霊の守り人の衣装なので、つまり、コスプレができる!
10-himeji.jpg


振り返ると、こんな感じ
11-himeji.jpg

拡大してみる
12-himeji.jpg
第二次大戦後は、真っ黒に汚れてたのでカラス城と呼ばれていたそうな。
それが今は、白すぎ城とは。
まあ、月日が経てば少しずつ黒くなっていくでしょうがね。


ここも撮影OKの部屋
13-himeji.jpg
ガラスで囲まれてて、ガラスに正面衝突してしまった。

蛍光剤が入っている物はこのように光る照明になっている
14-himeji.jpg
最初、分からなくてなんだろうと思った。

終わりに、竹やぶ
15-himeji.jpg
ユリの花が咲いてますな。
写真が少ないので、これでごまかしておこう。




(番外編1)
敷地内の望景亭に行ってみる
21-himeji.jpg
22-himeji.jpg

「大正期に建てられた日本家屋を補修したもので、40畳の和室と茶室を備えています。貸室対象になっていますので、文化的な催しにご利用下さい。」とのこと。
こちらはほとんどの人が入っていかないので、ほぼ、独占状態。
いいね。
23-himeji.jpg

玄関を入ったら、直線の廊下
24-himeji.jpg
最近、こういう場所に来てなかったから新鮮だ。


ちょっと画像で遊んでみる
25-himeji.jpg
夕方の雰囲気にしたつもり。
なにか出てくるかな?

26-himeji.jpg

27-himeji.jpg

28-himeji.jpg

29-himeji.jpg

静かだ。
なんだか落ち着く。
日頃、ワサワサとしとるからなあ。

20畳敷の畳というのを久しぶりに見た。



(番外編2)
その夜、古くからの友人宅でプチ宴会
31-dinner.jpg
32-dinner.jpg
33-dinner.jpg
自分以外にも日本酒党がいるので、日本酒2本でござる。


2時半頃までおじゃまして、車で帰った。
運転は嫁さん任せなので、オヤジは楽だった。
(ただの飲んだくれ、ともいう。)



ひっそりと追記(2016年8月30日)
精霊の守り人の展示展を見ていた時に感じた既知感、
作者はオーストラリアでフィールドワークを行って文化人類学の博士号を取った、
昔、読んだ本があった。

作者:パトリシア・ライトソン
ウィラン・サーガ
・氷の覇者
・水の誘い
・風の勇士
早川書房のファンタジー文庫

アボリジニの青年が主人公のせつなくもたくましいオーストラリアの精霊達との話だった。

イメージとして思い出すことは、こんなところかな。
・赤い大地
・旅、野宿(本当の野宿)
・開けた缶詰を食器代わりに(お金がない、いや、他に大事なことがあるというべきか)
・弾圧された少数民族の物悲しさ
・それでも世界のために精霊と戦うたくましさ

展示会で見た精霊の守り人のイメージと似ている。
物語性は全然違うけどね。


実は、この作者を思い出して検索してみたんだ。
そしたら、同じような感想を持ったレビューがあったので、この感覚は自分だけじゃないようだ、と思ったので追記してみた。
・・・・・・・・・・これって、興味深い

注:精霊の守り人はまだ読んだことがないので、あくまでも、イメージです。



あんた、また行ったの朝飯前の早朝ツーリング...と、ヒップバッグのテスト [バイクツーリング]

暑いので、またも早朝ツーリングだ。

6時半に出て、9時半に帰って来た。
9時を過ぎると、もう、暑いわ。


いつものところ
01-bike.jpg

朝日
02-bike.jpg
今日は篠山へのだいぶ手前のこのあたりに霞が出ている。
日によって違うんだよなあ。
篠山付近の視界はクリアだった。

帰って来てから上の太陽付近の画像データで遊んでみた
03-bike.jpg
雰囲気が変わるね。


今日もハグロトンボ
04-haguro-tombo.jpg

7時半に篠山に着いたが、さすがに暑かったのでアイスコーヒーを飲んで帰って来た。


今回、ヒップバッグというのを初めて買ったのでテスト走行も兼ねた
05-bag.jpg
06-bag.jpg

買ったのは、GOLDWIN GSM17616 ツーリングヒップバッグ22です。


購入のきっかけは、小さい方の収納部(口が開いてるところね)に一眼レフ(PENTAX K-30)が入るから。
それ以外には、22リットルへの容量可変、レインカバー装着も可能、両側にペットボトルが各1本ずつ入る収納部がある、というところか。
写真は22リットルモードにしている。
ペットボトルは入れてない。

それで、使用感だが、K-30は小型の一眼レフといいつつ、やはり、重い・・・・・・
カメラを直ぐに出せるように収納部をお腹の方にしてバイクに乗るという前提で書くとですな、、、
肩がけのカメラバッグのように肩への荷重が無いのはうれしいが、両太ももへ荷重がかかるようになってしまった。
タンクにヒップバッグを乗せると楽になるのだが、少し前よりのフォームになる。バイクに乗ってると体重移動する必要があるので、常に同じ姿勢というわけにもいかない。
収納部を背中に回す(これが普通なのだろうが)と、カメラを直ぐに出せない。
うーん、微妙な展開じゃ。

ちなみに、このバッグのバックルはセンターではなく端の方にある。
ここは、好みの別れるところかな。


~プチ改造~
写真を見ると変なのが付いてるが、小物(小銭とかレシートとか)をとりあえず入れるポシェットが欲しかったので手持ちの適当なのを取り付けた。
軽く木綿糸で縫い付けて動かないようにしてある。
安全ピンを使ってもいいね。


ヒップバッグの結論としては、一眼レフを入れることができるが、重いのが難点。
一眼レフを出して走れるように別の方法を考えてみようかなあ。

それから、ヒップバッグを使う時(前に回すので)は、タンクバッグは使えないね。
(タンクバッグが無いとガソリンを入れやすいという利点はある。)
タンクバッグを使うのはキャンプの時かなあ。


シン・ゴジラ鑑賞の巻 [雑感]

高知で次男、長女とでシン・ゴジラを観た
01-godzilla.jpg
02-godzilla.jpg

結構、人も多かった。
なにせ、お盆、しかも、映画の日である。(^o^)


で、パンプレットも買った
03-godzilla.jpg
これは自分にとっては珍しい。


いやー、
面白かったです。
話の筋はネタバレになるので省略だが、
幾つかの理由で涙を拭きながら観た。
(最近、涙もろい。)


いかん、書くネタが無い。(^_^;)
書きたいが書くとネタバレだもんなあ。


ゴジラ世代オヤジはこれが最後と思って、映画でも、(まだ売られてないが)DVDでもBlu-rayでもいいから観てみることをお勧めする。
まあ、数あるゴジラ映画の中でも名作というのは間違いないだろう。
日本の特撮映画もまだまだ捨てたものではないですな。
この監督の前作(特撮映画ね)はキューティーハニーだが、世間一般の評価とは裏腹に自分的には高評価だったよ。

そうそう、次男曰く、音楽にはエヴァの曲が流れていたらしいが、さっぱり分からなかった。
ゴジラの音楽は分かった。
なかなか良かった。



ちなみに、6月だったっけか、これも観た(こちらは伊丹で)
11-deadpool-b.jpg
こちらはお下品なので家族で観るのは控えましょう。
ちゅうても、娘も一緒に行ったんだか・・・・・・・


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画